サングラス

イタリアでの出来事を
今回書いていきたいと思います。

 

仕事関係上、海外いくことありまして
ヨーロッパは何度か足を運んでるんですが、

 

まあ、日差しの強いこと強い事
太陽が近い感じ。。
これマジで、体感的に太陽ちかー!

って思った。

 

体の皮膚がじりじり焼けているのが
体感的にわかる感じだしね。

 

でもって、白人の人はやたらとサングラスしてるんだよね。
カッコいいし、似合ってるから少々うらやましい。
サングラスひとつとっても見え方は変わるよという話。

 

サングラスってただのカッコつけだと思ってたけど、違ったんだよね。

イタリア
イタリアにいて、裸眼で町を歩いてたら
半端なく皮膚がやけてるのを感じたし、目もめちゃくちゃ疲れた。

 

やっぱり日本と違って太陽がかなり近いからかもしれない。
紫外線の量がそれだけ多い!・・・と体感的に思ったレベル。
ヨーロッパはそんな感じなんだろう。

 

で調べてみたんだよね。
実は、目から入ってくる紫外線がかなり占めていて、
それで日焼けがより促進されるらしい。

 

それを、知ってか知らずか白人さんは
サングラスかけてるのか!って納得してしまった。

 

僕は、そういう良い情報を聞いたら試したくなる人なので
早速、僕もサングラスを買ってみて、かけてみた。

 

イタリアには、露店なんかがポツポツと街にあるから
安いサングラスなんか500円もしないで買える。
露店は、上野や渋谷などで見るようなお店の感じ

サングラスの効果は思ったよりも凄かった!

サングラス
で、実際のサングラスをかけてみて、どうだったのかといいますと、
これが思ったより凄かった!

 

違いは体感的な日焼け防止よりも
体の疲れ方が全然違う。
マジで全然疲れない感じ。

 

暑いとすげー疲れるじゃん。
太陽にやられてぐったりしてしまう状態。
真夏の部活練習で力がでないのは太陽ももちろん無関係ではないと思う。

 

でもね、その体力の消耗がかなり減ったんだよね。
サングラスひとつだけで
だよ。

 

まじすげー!って思った。

 

もっと前から知っておけばよかったレベル
日本でも紫外線のこと考えたら、
多少はサングラスしたほうがいいのかもしれない。

特に沖縄とかの暑い地域で。

情報は知るだけで終わりではない

ひとつ情報を知るだけで、
自分の知識も1つ積み重なり
今回は、さらに健康的にも良い情報!

 

何が言いたいかというと、
知っていると知らないとでは大きい
ということが言いたい。

 

サングラスが日焼け止めに効くということを知った僕は
知らなかった時の僕に比べたら、
そこまで大した違いはないと感じるかもしれないが

 

そんなことはない、
サングラスひとつによって

見える世界が変わったんだよね。

 

ひとつ知らなかった知識が増えるだけで、
あれは・・・もしかしてと
そうそう、これも気になっていたなと

調べたくなってくる。

 

で、実際に調べてみる
なるほどー!そういうことだったのか!となる。

 

これはかなり知識習得にも効率が良い

 

深掘りしていくというイメージです。
ひとつのことを知って
それを元に他のことも調べていく。

 

こういう習得をつけておくと
のちのち脳の処理スピードも良くなる

 

人は言葉や知識量が多ければ多いほど、
その中から、瞬間的に脳内で選んで、
言葉を発したり文章にしたりする。

 

簡単に言うとインプットはそれなりに大事ってこと
でも、いざ机の前に座って●●を習得してやるぞー!
って思うよりも

 

目の前の出来事から
あることをきっかけに興味をもったのなら
それを元に調べてみればいい

 

それだけで、知識を1つ2つ・・・と増やすことは
簡単なんだよね。

 

この流れって大事だよねって話。

おすすめの記事