Classic Editorのインストール

 

WordPress5.0以降、エディターがガラリと変わり、旧エディターを使っていた方は非常に使いづらくなったと思います。
これマジで使いにくいっす・・・!

ちなみに、新エディターは(Gutenberg / グーテンベルク)という名前です。

 

新エディター(Gutenberg / グーテンベルク)の投稿画面は下記のような感じです。
正直、旧エディターをずっと使ってきた方からすると、ほんとに使いずらそうですよね。。

before-classic-editor

そこで、旧エディターに戻す方法をお伝えします。

 

旧エディターに戻す方法

すでにワードプレス管理画面にログインしておき、左メニューより設定をすすめていきます。

 

「プラグイン」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

プラグインの新規追加

 

 

 

「プラグインの検索」に「Classic Editor」と入力していきましょう。

プラグインの検索

 

 

 

「今すぐインストール」をクリック

classic-editor

 

 

 

「有効化」をクリック

classic-editor

たったこれだけで完了です。

 

「Classic Editor」インストール前後での変化

「Classic Editor」のインストール前の投稿画面が下記です。

before-classic-editor

 

 

 

「Classic Editor」のインストール後の投稿画面が下記です。

before-classic-editor

旧エディター利用者は、後者のほうが見やすく、使いやすいですよね!

 

「Classic Editor」のサポートが2021年で終了する予定ですので、いずれ、新エディターの(Gutenberg / グーテンベルク)の時代がくると思います。そのため、新エディターは(Gutenberg / グーテンベルク)を使えるようにしておいたほうが良さそうです。

現段階ではまだ先の話ですが、このことを覚えておきましょう。

 

おすすめの記事