BASE(ベイス)の住所は自宅住所じゃなくても良い?『1つの解決策』を提案

こんにちは、やまかずです。

相談者
BASEにのせる住所は、自宅住所じゃなくても大丈夫かな!?
できれば、自宅住所をのせたくないから、やり方があれば教えてほしい!

このような悩みに対して、BASEで自宅住所以外を載せるコツをお伝えします。

本記事で得られること
  • BASEで、自宅住所以外を載せる方法を知ることができる
  • ネットショップで、特定商取引法ページに住所記載が必要な事も学べる

本記事は、ネットショップの運営やサイト運営など8年以上の間
ネットビジネスの事業だけで、売上をあげてきた僕が解説しています。

ネットショップでは、住所などの記載は必要です。でも、自宅住所だと少し不安になりますよね!?解決策を先に言うと、バーチャルオフィスの住所を使うのが一番安心です。

やまかず
バーチャルオフィスの住所は、
BASEでの利用も許可されています

このページをご覧になられているという事は、すでにBASEを始めているか、始めたいと思っていて、不安点がある方だと思います。本記事を読むことで、悩みの解消につながりますよ!

もしバーチャルオフィスをお探しであれば、以下からご確認いただけます。

バーチャルオフィスをチェックする

BASEに記載する住所はバーチャルオフィスで大丈夫!

冒頭でもお伝えしましたが、BASEに自宅住所を記載したくない場合は、バーチャルオフィスの住所で十分です。

バーチャルオフィスであれば、自宅住所をネット上に記載することなく、堂々とビジネスをすることが可能なんです。しかも、BASEで使用することも問題ないです。

もちろん、バーチャルオフィスで借りれる住所は、ネットショップの住所としても利用が許可されているから、なおさら安心なんです。

やまかず
ネットショップで、バーチャルオフィスを利用する
メリットとデメリットを以下にまとめました!

バーチャルオフィスを利用するメリット

  • ご自宅の住所をネット上に公開しなくてすむ
  • 自宅住所を記載していないので、いきなりお客さんが訪れる心配がない
バーチャルオフィスを利用するデメリット

  • バーチャルオフィスの月額の利用料金が必要になる
  • バーチャルオフィスのサービスによって、郵送物の転送料金も発生する

料金はかかるものの、総合的に判断すると、バーチャルオフィスは利用したほうが良いと言えるのではないでしょうか。(僕はメリットを感じているため、継続的に契約をしています)

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、一言で言うと、住所だけを借りることができるサービスです。

事務所などのレンタルオフィスとは違って、その空間を利用する事がないため、レンタルオフィスよりも、かなり安い料金で住所を持つことができます。

参考までに、以下を記載させていただきました。

バーチャルオフィスとは、レンタルオフィス等と異なり業務スペース(事務所)を構えることなく、事業を始める際に必要な住所、電話番号などの基本的な情報などを借りることができるサービスです。

出典:リージャス

バーチャルオフィスの利用に向いている方は、自宅住所とは別で事業されたい方です。副業をしていて、会社にバレたくない方やメルカリ等で自宅住所を知られたくない方も使えます。

逆に、バーチャルオフィスの利用の必要ない方は、すでに事務所や実店舗をもっている方と言えるでしょう。(不必要にバーチャルオフィスの料金を払う必要はありませんからね)

バーチャルオフィスの利用に向いている方
副業をしている、副業をしようと思っていて、会社にバレたくない方
メルカリ・ヤフオク等で、自宅住所を知られたくない方

バーチャルオフィスの利用に向いていない方:
事務所や実店舗をすでに持たれている方
自宅住所を掲載しても良いと思っている方

あくまで余談にはなりますが、メンタリストDaigoさんも、会社をバーチャルオフィスで利用しているそうです。

ネットショップで自宅住所のまま記載するなら、気をつけるべきこと

ここからは、ネットショップの住所を「自宅住所のままで良い」という方向けに、自宅住所を掲載するなら、気をつけるべき点をお伝えしていきますね!

ネットショップを運営していると、たまにくる問い合わせの1つとして「実際にそちらに伺って商品を見たい」という内容があります。僕も経験済みです。

ご自宅にこられても問題ないという方は大丈夫ですが、それが厳しい場合は、以下のように対策をしておきましょう。

ネットショップ上に、以下ような注意書きを記載しておくと良いです!

"当店は、実店舗はなくネットショップのみで運営をしております。商品自体は、別倉庫にて管理しているため、掲載住所に商品がないため、実際にお見せすることができません。ご了承下さい。"

もし、電話で問い合わせがきたとしても、上記内容を説明してあげれば解決します。

やまかず
この注意書きを記載することで、
お客さんの疑問点の解消にもなります

問い合わせがきたら、工夫次第で売り上げにつながります

せっかく電話などで問い合わせがきたのであれば、購入に結びつけるように「ひと工夫する」と良いです。僕自身、問い合わせ対応から売り上げに結びつけた事もあります。

例えば、さきほどの例ですと、お客様の「商品を見たい」という希望がありましたよね?であれば、「実際に商品はお見せできないけど、動画など撮影してお見せする事ができます」という提案が可能です。

これは、僕自身が実際にやって、売り上げにつなげたケースの1つです。当時の商材が高額だったため、お客様が不安だった事を理解して、不安を取り除く提案をしてみました。

その結果、不安を取り除けて、信頼が増し、購入いただく事につながったのです。

もちろん、この方法はバーチャルオフィス を使っている場合もかなり有効です。実際に商品をみたいと連絡きたら、工夫して問い合わせに回答するようにしていきましょう。

お客様の立場に立って
・どういったことが不安なのか?
・どういったことを解決したいのか?

そこを考えると自ずと、良い回答が見えてきますよ!

BASEの住所は自宅住所じゃなくても良い?『1つの解決策』を提案のまとめ

では、本記事のまとめをしていきましょう!

悩まれていたネットショップの住所問題は、バーチャルオフィス で解決ですね。

本記事まとめ
BASEに記載する住所は自宅住所じゃなくてOKです!
・バーチャルオフィスにすることで、その問題が解決します

 ネットショップで自宅住所のまま記載するなら、気をつけるべきこと
・ネットショップ上に、注意書きをきちんと書くようにしましょう

すでにネットショップを運営されていたり、これから始めたい方で、ご自身の住所を公開する不安が減ったのではないでしょうか。参考になったら嬉しいです。

ネットショップで売れるようになるには『コツ』があります。今なら『ネットショップで成功する貴重なデータ』を無料で手に入れることができます。
↓ ↓ ↓  

クリックして『ネットショップで成功ノウハウ』を無料で手に入れる

スポンサーリンク
おすすめの記事