Ping Optimizer設定方法

今回、Ping送信のためのWordPress(ワードプレス)のプラグインを紹介します。

初期設定でしておくべきことの1つです。

サイトをつくり始めたばかりだとしても、Ping送信の設定はやっておいたほうがいいです。
少しでもインデックスを早められれば、サイトに訪れる人も増やすことができるからです。

 

Ping送信とは
・ピングソウシンと読みます。
・Pingサーバーへ送信してインデックスを早める機能です。
簡単に言うと、「記事の更新しましたよー」とお知らせする機能です。

 

WordPress Ping Optimizerのインストール

では、さっそく「WordPress Ping Optimizer」のインストール方法からみていきましょう。

「プラグイン」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

プラグインの新規追加

 

 

 

「プラグインの検索」に「WordPress Ping Optimizer」と入力していきましょう。

プラグインの検索

 

 

 

「今すぐインストール」をクリック

WordPress Ping Optimizer

 

 

 

「有効化」をクリック

WordPress Ping Optimizer

 

WordPress Ping Optimizerの設定

「WordPress Ping Optimizer」の設定をしていきましょう。

 

「設定にカーソルを合わせる
「WordPress Ping Optimizer」をクリック

WordPress Ping Optimizer

 

 

 

ping送信先を入力
(もともと記入があれば、それは削除しましょう)

「Enable pinging」にチェク
「Save Settings」をクリック

これで設定は完了です。

WordPress Ping Optimizer

 

ping送信先は、
ブログサービスや検索エンジンに送るのが一般的です。

現時点で有効なping送信先リストを記載しました。

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.feedburner.com/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://www.blogpeople.net/ping/

急にping送信先が使えなくなることもあるので、
定期的にping送信先の有効性を確認していきましょう。

 

 

ping送信先の有効性の確認方法
例)
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
ping/RPC2 部分を除いて、検索をしてみてください。
サイトを開いてみて、開かない場合は無効の可能性があります。

 

ping送信先の定期的なチェック

定期的なチェックは必要となるので、下記の流れでチェックをしていきましょう。

 

・定期的に送信結果をチェックする
・エラーが続く送信先はサービス停止していないか調べる

その上で、除外するなど適宜対応していきましょう。

 

おすすめの記事