Google XML Sitemapsの設定方法

Google XML Sitemapsというプラグインについての記事です。

 

Google XML Sitemapsとは
SEO対策のためのサイトマップを作成するプラグインです。
・記事の投稿や更新・修正のたびに、自動でサイトマップを作成してくれます。
・サイトマップが作成されると、検索エンジンに自動で伝えてくれます。

サイトを公開しても、検索結果に表示されるまではかなり時間がかかります。

このプラグインは、Googleクローラーに、自分のサイトに巡回してくれるように、その道しるべとなるサイトマップを作成してくれます。

 

Google XML Sitemapsのインストール

ワードプレス管理画面にログインし、左メニュー設定等をすすめていきましょう。

 

「プラグイン」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

プラグインの新規追加

 

 

 

「プラグインの検索」に「Google XML Sitemaps」と入力していきましょう。

プラグインの検索

 

 

 

「今すぐインストール」をクリック

Google XML Sitemaps

 

 

 

「有効化」をクリック

Google XML Sitemaps

インストールはこれで完了です。

 

Google XML Sitemapsの設定方法

左メニューより、

 

「設定」にカーソルを合わせる
「XML-Sitemap」をクリック

Google XML Sitemaps

 

 

基本的な設定

①通知を更新:下記3ヶ所にチェックを入れておきましょう。

Notify Google about updates of your site:Googleにサイト更新を通知してくれる
Notify Binge:Bingにサイト更新を通知してくれる
サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 :サイトマップの場所をクローラーに伝える

 

②高度な設定
こちらについては、デフォルトのままでOKです。
Google XML Sitemaps

 

Additional Pages

こちらは、デフォルトのままでOKです。

Google XML Sitemaps

 

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。
SEO対策として、投稿の優先度を設定するために、こちらを選択します。
(詳細設定は下記でお伝えします)

Google XML Sitemaps

 

Sitemap コンテンツ

下記4ヶ所にチェックを入れておきましょう。

チェックを入れるところ
「ホームページ」
「投稿 (個別記事) を含める」
「カテゴリーページを含める」
「最終更新時刻を含める」 

Google XML Sitemaps

必要な部分にのみチェックを入れることで、クローラーの巡回を重要部分にのみ来てもらうように伝えることができるので、巡回をスムーズにすることができます。

 

Excluded Items

基本的に、デフォルトのままでOKです。
サイトマップから除外したい記事ページなどあれば、チェックを入れましょう。

Google XML Sitemaps

 

Change Frequencies

下記のように設定をしていきましょう。

ページの更新頻度を設定することで、クローラーが目安にして巡回してきます。
※固定ページをよく更新する場合は、「毎週」を選択しましょう。

Google XML Sitemaps

 

優先順位の設定 (priority)

それぞれのページごとの優先順位を設定します。

1.0が優先順位高く、0.0になるほど低くなります。(あくまでも相対的な優先順位です)
参考に設定していきましょう。

Google XML Sitemaps

 

 

「設定を更新」をクリック

Google XML Sitemaps

これで「Google Search Console」のインストールと設定は完了となります。

 

もう1つ重要な設定があります。
それが「Google Search Console」へサイトマップを登録する作業です。
それがこちらですので、必ず登録をしておきましょう。
↓ ↓ ↓

 

 

おすすめの記事