BackWPupプラグインで安心のバックアップ設定をしましょう

何においてもバックアップは重要です。
WordPress(ワードプレス)でもバックアップ設定ができるので、最初のうちに設定しておきましょう。

今回利用するプラグインは「BackWPup」です。

BackWPupのインストール方法

ワードプレス管理画面の左メニューより

「プラグイン」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

プラグインの新規追加

「プラグインの検索」に「BackWPup」と入力していきましょう。

プラグインの検索

「今すぐインストール」をクリック

BackWPup設定方法

「有効化」をクリック

BackWPup設定方法

もし下記画面が表示されたら、「✕」をクリックして消しましょう。

BackWPup設定方法

BackWPupの設定方法について

ここでは、

・ファイルのバックアップ
・データベースのバックアップ
の2つを作っていきます。

ファイルのバックアップの設定

左メニューの

「BackWPup」にカーソルを合わせ、
「ジョブ」をクリック

BackWPup設定方法

「新規追加」をクリック

BackWPup設定方法

「一般」タブをクリック

「このジョブの名前」:任意の名前を入力

「ジョブタスク」:「ファイルのバックアップ」だけにチェックを入れる

「アーカイブ名」:ココはそのままでいじりません。デフォルトのままです。

BackWPup設定方法

「アーカイブ形式」
WindowsならZipをを選択
MacならTar GZipをを選択

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダへのバックアップ」にチェックを入れる

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

「スケジュール」タブをクリック

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」をクリック

「スケジューラー」:毎週を選択

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

「ファイル」タブの部分はすべてデフォルトのままでOKです。

BackWPup設定方法

「宛先フォルダー」タブをクリック

「バックアップを格納するフォルダー」:任意の英字名称を入力

「ファイルを削除」:このままでOKです。

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

つぎに、「今すぐ実行」をクリックして設定の反映が完了します。

ここまでがファイルのバックアップ設定です。

BackWPup設定方法

データベースのバックアップ方法

ここからデータベースのバックアップ方法についてです。

再度、左メニューの

「BackWPup」にカーソルを合わせ、
「ジョブ」をクリック

BackWPup設定方法

「一般」タブをクリック

「このジョブの名前」:任意の名前を入力

「ジョブタスク」
「データベースのバックアップ」にチェックを入れる
「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れる

「アーカイブ名」:ココはそのままでいじりません。デフォルトのままです。

BackWPup設定方法

「アーカイブ形式」
WindowsならZipをを選択
MacならTar GZipをを選択

「バックアップファイルの保存方法」:「フォルダへのバックアップ」にチェックを入れる

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

「スケジュール」タブをクリック

「ジョブの開始方法」:「WordPressのcron」をクリック

「スケジューラー」:毎日を選択

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

「DBバックアップ」タブをクリック

「バックアップするテーブル」:デフォルトのままでOK

「バックアップファイルの圧縮」:「GZip」を選択

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

「プラグイン」タブは
すべてデフォルトのままでOK

BackWPup設定方法

「宛先フォルダー」タブをクリック

「バックアップを格納するフォルダー」:任意の英字名称を入力

「ファイルを削除」:このままでOKです。

「変更を保存」をクリック

BackWPup設定方法

最後に、「今すぐ実行」をクリックして設定の反映が完了します。

ここまでがデータベースのバックアップ設定です。

BackWPup設定方法

それぞれのバックアップ設定を正確に設定するためには、ジョブ作成後「今すぐ実行する」をクリックしないといけません。その点だけ気をつけるようにしましょう。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事