カラーミーショップのショッピングカート設定

こんにちは、やまかずです。

相談者
カラーミーショップのショッピングカート、「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」どっちが良いのかな?

 

これについて、回答していきます。

本記事で得られること
  • カラーミーショップで「ショッピングカート」の選定基準がわかるようになる
  • 「新しいショッピングカート」を使う場合の注意点も知ることができる

 

本記事は、ネットショップの運営やサイト運営など8年以上の間
ネットビジネスの事業だけで、売上をあげてきた僕が解説しています。

 

カラーミーショップの初期設定で悩まれる「ショッピングカート」。「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」どっちが良いのかわかりづらいですよね。

やまかず
結論から言うと、成約率を高めたいなら「新しいショッピングカート」一択です

 

当記事をご覧になられているという事は、カラーミーショップを始めた方か、これから始めたい方かもしれません。ショッピングカートを決める時の判断軸にしていただけましたら幸いです。

カラーミーショップのアカウント作成がまだでしたら、以下からお試しで作成することが可能です。カラーミーショップでは、月額0円プランもあるので、アカウントだけ先に作っておくと良いでしょう。

カラーミーショップでは、「新しいショッピングカート」の選択で十分

ショッピングカートの設定で、よほどの事がない限り「新しいショッピングカート」一択で良いと思っています。

もちろん、「新しいショッピングカート」には機能制限部分もあるので、そこをチェックした上で、最終的にどちらのショッピングカートが良いのか判断していきましょう。

以下が「新しいショッピングカート」で制限がかかる機能です。

  • 定期購入商品 / パスワード設定された商品 が制限される
  • 組合せ購入パターン が制限される
  • 配送先の数設定 が制限される
  • 決済方法設定 の一部が利用できない
  • 新しいショッピングカート のデザインを変更できない

この流れでお伝えしていきます。

※「アフィリエイト設定」部分については、この記事では説明を省いております。

やまかず
「新しいショッピングカート」のデメリット部分は、大切ですので、あらかじめ確認しておきましょう

 

「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」見た目の違い

以下に、「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」見た目の違いをのせておきます、軽くチェックしておきましょう。

新しいショッピングカートの見た目▼
カラーミーショップのショッピングカート設定
これまでのショッピングカートの見た目▼
カラーミーショップのショッピングカート設定

 

定期購入商品 / パスワード設定された商品 が制限される

新しいショッピングカートでは、以下2つの登録商品の利用ができないと覚えておきましょう。

「定期購入商品」の利用ができない
「パスワード設定された商品」の利用ができない

定期購入商品は、その名の通り、定期的に購入する商品ですよね。逆に、パスワード設定された商品とは、パスワードを知っている一部の方だけが、購入できる商品です。

基本的に、上記2点の取り扱いがない場合、「新しいショッピングカート」で問題ないです。

 

組合せ購入パターン が制限される

「組合せ購入パターン」とは、商品詳細ページに、一緒に購入をすすめるために、おすすめ商品を表示させる事ができる機能です。

「組合せ購入パターン」が制限される

実は、この「組合せ購入パターン」は、ついで買いを促す効果があります。

「組合せ購入パターン」を多用したい場合は、「これまでのショッピングカート」を設定していきましょう。

 

やまかず
「新しいショッピングカート」も使いたいし、「組合せ購入パターン」も使いたい場合は、今のところ内部をカスタマイズする方法しかありません

 

配送先の数設定 が制限される

新しいショッピングカートでは、細かい配送先設定ができないようになっています。以下の囲み部分で設定した部分が無効になるので、その点は覚えておきましょう

カラーミーショップのショッピングカート設定

 

一部の決済が利用できない

以下の決済のみ、「新しいショッピングカート」では、利用ができないです。

【 新しいショッピングカートで利用できない決済一覧 】

クロネコwebコレクト:コンビニ
ペイジェント:すべてのペイジェント決済方法
SMBC GMO PAYMENT:クレジット
後払い.com:後払い
楽天:イーバンクデビット for カラーミーショップ

個人的には、「後払い.com」が使えないのは少しもったいない気がしますが、それ以外ほとんどの決済に対応しているので、この内容であれば、新しいショッピングカートで良いと判断できます。

 

新しいショッピングカートのデザインを変更できない

「これまでのショッピングカート」では、スタイルシートという部分から、ショッピングカートのデザイン変更が可能でしたが、「新しいショッピングカート」ではできません。

「新しいショッピングカート」では、デザインの変更ができない仕様となっています。その点は、頭の隅においておきましょう。

デザインにこだわりがある方以外は、個人的に、「新しいショッピングカート」のデザインのままで良いと思っています。

その理由として、この「新しいショッピングカート」は、より良くしていくために、日々開発中だからなんです。逆を言うと、「これまでのショッピングカート」は、進化することがないと言えます。

 

どちらのショッピングカートを使うか、チェック項目で判断する

これまで説明をしてきましたが、どちらのショッピングカートを使えば良いのか、正直迷っていしまうと思います。判断基準となる「チェック項目」を用意しましたので、ご活用ください。

以下の「チェック項目」で、チェック項目の割合が多いほうのショッピングカートを選択するようにしましょう。

「新しいショッピングカート」が向いている人
定期購入商品を扱っていない、扱う予定がない
パスワード設定された商品を扱っていない、扱う予定がない
組合せ購入パターンは必要ない
配送先の数設定は不要だと思っている
決済機能の制限は、別に問題じゃない

 

「これまでのショッピングカート」が向いている人
定期購入商品を扱いたい
パスワード設定された商品を扱いたい
組合せ購入パターンを扱いたい
配送先の数設定を使用したい
決済機能の制限は嫌

 

やまかず
この2つの判断基準を活用することで、ショッピングカートを決めることができるでしょう

 

ショッピングカートの設定方法について

「ショッピングカート」の設定の流れをチェックしていきましょう。デフォルトで「新しいショッピングカート」が設定されていますので、そのままで良い場合、設定不要です。

カラーミーショップにログインしている状態でご作業ください。以下の流れで「ショッピングカート」の設定画面を開きましょう。

画面上部から操作してください
「ショップ作成」にマウスのカーソルを合わせる
メニューが展開したら、「ショッピングカート」をクリック

カラーミーショップのショッピングカート設定

 

「これまでのショッピングカート」を利用されたい場合、以下部分より選択して、変更する事可能です。選択後、「保存」をクリックしましょう。

カラーミーショップのショッピングカート設定

 

「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」どちらを選択すべきか判断軸のまとめ

本記事では、カラーミーショップの「新しいショッピングカート」と「これまでのショッピングカート」、どちらを選択すべきか、その判断軸などについてお伝えしてきました。

最後に、本記事のまとめをチェックしていきましょう!

本記事まとめ
カラーミーショップでは、「新しいショッピングカート」の選択で十分
「新しいショッピングカート」で機能制限される項目
・ 定期購入商品 / パスワード設定された商品 が制限される
・定期購入商品 / パスワード設定された商品 が制限される
・配送先の数設定 が制限される
・決済方法設定 の一部が利用できない
・新しいショッピングカート のデザインを変更できない

「新しいショッピングカート」が向いている人
・定期購入商品を扱っていない、扱う予定がない
・パスワード設定された商品を扱っていない、扱う予定がない
・組合せ購入パターンは必要ない
・配送先の数設定は不要だと思っている
・決済機能の制限は、別に問題じゃない

「これまでのショッピングカート」が向いている人
・定期購入商品を扱いたい
・パスワード設定された商品を扱いたい
・組合せ購入パターンを扱いたい
・配送先の数設定を使用したい
・決済機能の制限は嫌

カラーミーショップの初期設定で、どちらが良いのか迷われる「ショッピングカート」について解説してきました。個人的には、「新しいショッピングカート」の選択で十分だと思います。

もちろん、それぞれ使いたい用途も違うので、判断軸のチェック項目を見ていただいて、決めていただければと思います。

 

ネットショップで売れるようになるには『コツ』があります。今なら『ネットショップで成功する貴重なデータ』を無料で手に入れることができます。
↓ ↓ ↓  

クリックして『ネットショップで成功ノウハウ』を無料で手に入れる

スポンサーリンク
おすすめの記事