BASE

カラーミーショップをずっと使ってきた僕からすると、
BASEを知ったときは衝撃だったんです。

 

こんなに、カンタンにネットショップが作れていいの!?

この一言に集約されると思います(^^)

 

BASEは、ネットショップをオープンする紛らわしさをすべて取り払った素晴らしいサービスだと思います。ネットショップ構築で、有名なところだとEC CUBEなどでして、かなり高機能なんですが、ものすごく構築が大変で・・・と、はじめたいのにすぐにはできないし、多額にお金もかかるし、ハードルが高かったんですよね。

 

そんな中、BASEというサービスが誕生し、無駄なものを一切なくし、
まるでiPhoneみたいにシンプルな構造にしてしまったのです!

 

一般的にネットショップを作りたい!運営したいよー!という気持ちになった場合、どんな流れになるのか!?簡単に見ていきましょう(^^♪
ちなみにこの流れにはEC CUBEは含まれていません。

 

一般的なネットショップ構築の流れ

1.ショッピングカートのアカウントを作成する
2.ショップタイトルとショップ説明文を設定する
3.ショップのデザインを変更する
4.商品登録をする
5.トップページを作成する
6.特定商取引法ページを設定する
7.プライバシーポリシーページを設定する
8.決済方法を設定する
9.配送方法を設定する
10メールの設定をする(← ここで苦戦している人が多いです、だから時間がもっとかかる)
※EC CUBEだとこんなもんじゃないです。さらに、もっと大変です。。

流れとしては上記のようになります。
さらに細分化するともっとやらないといけないことはたくさんありますが。

結構やること多くないですか!?

 

スムーズに進めることができたとしても、結構時間かかります。僕も慣れいますが、時間はそれなりにかかりますね。特に「メールの設定」部分でつまづいてしまうと、さらに時間がかかります。

 

その点、BASEは大きく分けると、4ステップだけでオープンできちゃいます。

BASEは4ステップでショップをオープンできる
  • アカウントを登録する。
  • 特定商等の情報を設定する
  • 商品を登録する
  • ショップ情報等を設定する

 

たったこれだけで、オープンできちゃいます。
数分ほどでできそうですよね、商品登録だけならもっと早くできますね。(^^♪

 

その瞬間から、無料でネットショップを持てた状態となるんです。

 

繰り返しますが、なんと言っても操作性が良いし、
iPhoneなみの直感さでスルスルッと作れちゃいます。

 

シンプルな作りだからこそいいんです。

ポイント
ショップが完成し、商品が登録されるそれと同時に

・BASEのアプリ上に、自分の商品が表示される

ここが僕の驚いた点です。

通常、ネットショップでもブログやサイトでも、検索エンジンに認識されないと中々大変なんです。検索エンジンに認識されるのにだいたい3ヶ月から6ヶ月ほどかかるイメージです。長くみて半年と考えておく必要があると思います。

オープンしたばかりだと、Googleなどで検索しても自分のショップはでてこないので、お客さんはゼロです。その点、BASEはアプリに自分ショップ(商品)が表示されるので、優れている点ですね!

 

BASEとは何か?

BASEって何かと言うと、ネットショップを作れるショッピングカートの1つです。

ネットショップを開設し、運営できるサイトを作ることができるものです。
通常ネットショップの作成は敷居が高く、難しいイメージだったものをこのBASEはやってくれたんです。

シンプル かつ 簡単 に作れるようにしたのです。

 

創業者は鶴岡 裕太氏、なんと家入一真氏が共同創業者なんです。家入さんといえば、ムームドメインやカラーミーショップ、ペパポ、minneなどを手がけているGMOペパボ株式会社の創業者なんです。

まじですごいの作ったなと感じました。
いとも簡単に3分ほどでネットショップ作れちゃいますからね!

 

下記はBASEから引用させていただいたものです。

「BASE」は、ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政など、さまざまな方にご利用いただいているネットショップ作成サービスです。

独自の決済システム「BASEかんたん決済」を構築することで、Eコマースの課題となっていた決済機能の導入にかかる審査期間を短縮し、また、お母さんも使えるをコンセプトに、専門的なWebサイト構築やWebデザインの技術を使わずに、誰でも簡単にデザイン性の高いEコマースサイトが作成できる仕組みを提供しています。

これまで費用、Web技術、時間など、様々な理由でEコマースを始めることが困難だった方も「BASE」ならご自身の力でEコマースにチャレンジすることが出来ます。

おすすめのBASEショップで、BASEをご利用いただいているショップを一部ご紹介しておりますので、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

引用元:BASE

 

BASE(ベイス)の使い方・登録の流れ

具体的にどのような流れで、BASEのショップをオープンするのか説明しますね。
画像を多く使っているので、一瞬大変そうに見えますが、めちゃくちゃ簡単です。

アカウントを登録する

ではまず、下記よりBASE画面に移動しましょう。

 

BASEのアカウント作成画面です。

①メールアドレス、パスワードを入力する
②ショップURLを決めて入力(右側からドメインを選択する)
③「利用規約に同意する」にチェックを入れる
「無料でネットショップを開く」をクリック

BASE

 

 

 

下記画面で、「誓約書に同意する」にチェックを入れて、
「上記に同意する」をクリック

BASE

 

 

 

下記画面に変わりましたら、「閉じる」をクリック

BASE

 

 

 

ココからはそのまま、画面にそって進めていきましょう。
まずはアカウントメール認証をします。

BASE

 

 

 

メールボックスを確認しましょう。BASEから届いているメールが届いているはずです。
メールを開いたら、下記部分をクリックします。

BASE

 

 

 

すると、下記画面が表示されます。
再度ログインをしましょう。

BASE

 

特定商等の情報を設定していきましょう

この画面で「特定商取引法を入力する」をクリックする
BASE

 

 

 

「特定商取引法に基づく表記」の登録に必要な情報を入力していきます。
必要事項を入力し、保存をクリック。
※「電話番号認証」は時間があるときにしておきましょう。

BASE

BASE

 

 

 

つぎに「決算方法を選択する」をクリックします。

BASE

 

 

 

「BASEかんたん決算」利用申請をクリック

BASE

 

 

 

こちらの画面にも必要な情報を入力し、「保存する」をクリック

BASEBASE BASE

 

商品を登録していきましょう。

商品登録をしていきましょう。
「商品を登録する」をクリックします。

BASE

 

 

 

・商品名
・商品画像
・商品説明文
・価格
・在庫数
を入力して、「登録する」をクリックしましょう。

BASE BASE

 

ショップ情報等を設定していきましょう

つぎに、左上の「ホーム」をクリックすると、
下記画面に切り換わりますので、②の「ショップの設定を開く」をクリックする。

BASE

 

 

 

ショップ情報を入力していきましょう。

ショップ公開状況:「公開」にチェックを入れましょう。
ショップ名:ショップ名を決めて入力しましょう。
ショップの説明:ショップ名の説明文を入力しましょう。

送料を設定する場合、「送料を設定する」をクリックし、送料を入力しておきましょう。
BASEBASE

 

はい、これで完成でーーーす!

まじで簡単だったでしょ(^^♪

 

BASEの販売時にかかる手数料のからくり

BASEの手数料について、結論は先に言いますと、プラットホーム(AmazonやYahooなど)に比べたら、まだまだ安いです。プラットホームは楽でいいですが、手数料が高いんです。それも踏まえて、BASEの手数料についてからくり的なお話もしていきましょう。

 

昔、BASEの手数料は「決済手数料」のみだったんです。

以前のBASEの手数料
決算手数料: 3.6% + 40円 のみ

あれ?これってPaypalで販売したときの手数料と一緒じゃん!
詳しくは下記で(^^♪

PayPal(ペイパル)の受取手数料を下げる一つの方法♪

 

以前のBASEの話
そう、昔はBASEで商品が売れたら、

販売価格 × 3.6% + 40円 のみが「決済手数料」として取られていました。

例えば、1000円の商品を販売したとすると

1000円 × 3.6% + 40円 = 76円

 

 

で、いまのBASEはといいますと・・・

二段階方式に変わりました。
なんぞや!と思われるかもしれませんが、これです。

 

現在のBASEの手数料
決済手数料:3.6% + 40円
サービス手数料:3%

決済手数料:3.6% + 40円
サービス手数料:3%

ん??・・・となりますよね。
簡単に言うと、商品の販売価格(送料を含めた)に対して約6.6%の手数料が取られますよってことです。

 

ヘルプページにはあまりでていなかったのですが、
うまいですね!このやり方は!

現在のBASEの話
いまのBASEの手数料は、

決済手数料:3.6% + 40円
サービス手数料:3%

の2つが取られます。

例えば、1000円の商品を販売したとして

決済手数料:1000円 × 3.6% + 40円 = 76円
サービス手数料:1000円 × 3% = 30円

合計:76円 + 30円 = 106円の合計した手数料が取られます。

 

ここでめっちゃ高いじゃーんと思いましたよね!
昔と比べれば高くなりました、正直に言うとね。

 

でもね、Amazonで販売するともっと手数料もっていかれますからね。
平気で約15%ほどもっていかれます。まじとりすぎってくらい。。

だから、まだまだこの手数料は安いと思います。

 

しかも、BASEのいいところは月額費用も初期費用もゼロ円!無料なところです。

Amazonでガッツリ販売したい場合、月額4900円(税抜)かかります。
まあ、手数料払うだけ、その販売力はものすごいですが。。。

 

BASEの決済の種類

BASEでは、以下のような決済手段がございます。

 

BASEかんたん決済といいまして、

BASEかんたん決済
・クレジット決済
・コンビニ決済
・銀行振込
・後払い決済
・キャリア決済

 

など一般的なネットショップにある決済機能をほぼほぼ備えています。
銀行振込もBASE本体が自動でチェック等おこなってくれるので、わざわざ自分で入金の確認する必要などありません。

 

かなり楽ですね!

こういう手間をはぶくために、BASEの手数料がかかっているんだなと思います。注文が入って、一件一件入金確認をしていたら、時間がかかってしょうがないですからね。売上に直結することだけに時間をつかうことが大事なので、この手数料は安いです。

 

BASEではすでにはじめている先輩ショップから学ぶことができる

BASEでは、下記のようにおすすめのBASEショップを探してみることができます。

 

はじめる前に見ておくと、ワクワクしますよね。
こういうお店にしようかなとか、あのお店を参考にしようかなとか。
実際にたくさんのショップをみておくことをおすすめしています。

 

ヒントですが、すでに売れているショップを参考にすると、今後ご自分のショップづくりにも活かせます。

 

おすすめBASEショップ

 

僕が感じたBASEの強み

さて、ここまでBASEについて色々と話してきました。

ネットショップの開店は非常に簡単であるということ、使い方も直感的で扱いやすいということ。
メリットを上げたらキリがないですね(^^♪

 

僕の考えるBASEの強みを一言で表すと

売りたいと思ったときにすぐにお店を構えられるスピード感

これにつきると思います。

 

すでに実店舗などをやっていたり、ハンドメイドで作っていたり、イラストや絵などが得意だったり、売るものが手元にある場合、すぐにはじめられる!それがBASEです。

 

もちろん、売るものがないという方でもいくらでも売るものを探すことはできます。そのためのリサーチ方法や無在庫の手法もがあるので、また別途お伝えしますね。(^^♪

 

つまり、可能性は大きいよということ。

 

ただし、ショップをしっかりと作り込んで、ネットショップをやる場合には、あまり向いていない点だけは覚えておいてください。
BASEで慣れつつ、カラーミショップを構築していく流れが最適です。

 

カラーミショップは、SEOについてもしっかりと対策もできますし、事細かなデザインまでもカスタマイズ可能ですので、いづれはそちらにも挑戦していきましょう。

 

おすすめの記事