マッキントッシュ

いま自分の家にあるものを見て、どのくらいの価値があるかを知っていますか?

自分にとって要らなくなってしまう物は必ずでてきます。
しかし、それが他の人にとっては大きな価値を感じてくれるものです。
もしかしたら、家の中に大きな価値のあるものが眠っているかもしれないですね。

 

数千万円の価値のmacintoshだったかもしれない

マッキントッシュ

実家の引越し作業を手伝ったとき、父親の部屋から
初期のmacintosh マッキントッシュ(いまでいうAppleのmac)がでてきた。
よく見ると、初代ではなかったが、「macintosh classic」というもので、

 

父いわく、当時30万もしたという。
いま円の価値と当時では大きく違うからなんとも言えないが
超高く感じた!

 

父からしたらゴミだったのか、要らないから捨てる予定だと言う。
・・・
・・・

 

いやいや、待て待て!
決断は早すぎるぞ、我が父よw
捨てるなら、俺がいただくってなりました。

 

実はショックなことに
もう一台「macintosh」を持っていたそうだ。

それ、どうしたのかと聞くと、
「あれ、古いから捨ててしまったと・・・」
それってもしかして、初代じゃねえ??

 

もし、初代のmacintoshだったら、
いまごろ数千万円の価値になっていた可能性が。。

現在でも好調なアップル社。1984年に最初のマッキントッシュのコマーシャルが放映される。当時その購入価格は2495ドルだった。
もし当時このパソコンを買っている人がいたら、その人は現在672000ドル手にする事が出来る。

引用:お金の学校

 

物にはそれぞれ価値がある

僕は、楽器をよく演奏したりしていたので、
ギターや機材などよく収集していた時期があった。

昔の自分は知らず知らずに楽器のエフェクター
というものに価値があるのを知っていたんだよね。

 

楽器屋で新品や中古状態の機材を買ってきては、
使わなくなったら、また楽器屋に売るということを繰り返していた。
メーカーや状態にもよるが、半値くらいにはなっていたと思う。

9800円くらいのものが5000円ほどになったイメージだ。

 

ちょっとマニアックな話しをすると
ギターのヘッドアンプというものも所有していた。
というかローンを組んで買っていたんだよねw
ギターアンプヘッド

かなりアホだったんですよ、その頃は
先のことを一切考えず、いまのことしか考えていなかったんですよね。
お金というものがなんなのか知らず・・・

 

あるとき、他の機材も買いたいけど、
お金がない・・・
あのギターのヘッドアンプ、使ってないしな。。
となり、売る決意をしたときがあったんです。

 

で、楽器屋に売ろうかと思ったけど、
半値以下にもなる可能性があったし、まだローンも残っていた。

 

情弱だったけど、情報を得ることで知る価値は大きかった

あるとき、友達がオークションしているというのを聞きつけたので、
相談してみたら。彼いわく、買いたい人がその価格で価値を感じてくれたら、
買ってくれるというシステム。

だから、試してみようか?って感じではじまったんだよね。

 

当時の僕はパソコンをもっていなかったし、インターネットすらほぼしたことがなかった。
ぜひぜひと、友達にお願いして出品を頼むことに。

そのときの購入金額がたしか25万ほどで(定価27万)
実際に落札された金額がなんと22万!!

 

1週間もたたずに買いたいという人が現れたんだよね。
これには本当に驚いた!

購入した金額よりは低かったけど。買った人は、それだけの価値を感じてくれたんだと思った。
店で買い取ってもらっていたら、手残り額がめっちゃ減っていただろう。

 

買い手側の心理を考えると納得がいく。
その商品を定価で買うと凄く高い。しかしなんとか安く手にいれたい。
新品だと高すぎるし、と思っている状態の人に対して、

 

・中古だけどわりと綺麗
・状態も悪くない
・しかも定価よりも価格が安い

 

という商品が目の前に出てきたら・・・
買おっかなーとなる心理なんだよね。

 

場所を変えるだけで価値が大幅に変わるという概念

売る場所を変えただけで、こんなにも金額が変わることを実感した。

楽器屋や買い取り業者に売るということ自体
相手もビジネスをやっているからこそ、なるべく安く買い取り、
それに利益を上乗せして売らないといけない。

 

でもオークションという市場は

基本、「個人」対「個人」なので、
そこには、売りたい人 と 買いたい人しか存在しないものだ。
売り手に対して、買い手が価値を感じれば、それだけで成立するビジネスである。

 

これらの出来事がのちのちの自分に
大きな影響を与えるとは思ってもみなかった。

 

いま何かを購入するときに気をつけていること

今でこそ、何かを買うとき、
なるべく「資産価値が下がらないものを」という考えのもと、行動するようにしている。

 

例えば、mac book air や mac book pro なんかも
買い換えるたびに、今までもっていたパソコンをオークションで売ってしまえばいい。
状態や型番にもよるが、数万円にもなる。

 

誰かのゴミは誰かの価値になる。
この考えはもっておくべきだと思う。
それは新しい道を開いてくれるものになるからだ。
自分にとって、商売の根底はオークションから学んだと言っても過言ではない。

 

ある人にとって不必要のないものが
他の人にとっては必要あるものになる。

 

非常にシンプルなビジネスモデルではあるが、
価値とはなんなのかを実体験できる。

 

今の時代、もっと簡単にできる。
メルカリやラクマなどというアプリがでてきたおかげで、
写真を撮って、出品も数ステップでできる。

これは一度は体験しておくべきだろう。

おすすめの記事