PayPal(ペイパル)の返金処理には◯◯円かかる。

こんにちは

最近、カラーミーショップとPayPalが連動できるようになりましたね。
(カラーミーショップを開設したばかりだと、その機能が利用できません)
カラーミーショップを運営する中でクレジットカード決済はなくてはならないものです。

 

お客さんの支払いの選択肢を多く設けることは必須です。
・銀行振込
・代引き
・クレジットカード
・後払い などありますが、

 

商品の発送がある場合は、最低でも
・銀行振込
・代引き
・クレジットカード

は用意しておくべきですね。

 

自分がお客さんの立場になったとき、クレジットカードを使いたいのになかった場合
おそらく、その店で買う事をやめてしまう人が多いのではないでしょうか?

 

さて、PayPal経由で支払いがあったあとに
お客様に返金をすることって少なからずあると思います。

返金の方法もそうですが、
実際、返金処理にいくらかかっているかご存知ですか?

 

お客様に代金の返金する方法

1.ペイパルにログイン後、「取引履歴」タブをクリック

 

2.返金対象部分の「返金する」をクリック

paypal返金方法 

 

 

3.すると下記画面に変わります。

paypal返金方法1  

 

■全額返金の場合 このまま「続行」をクリックして完了です。

■一部返金の場合 一部返金の場合、「返金金額」部分に返金する金額を記入しなおし、
「続行」をクリックして完了です。

※メッセージ部分に返金の旨を書くとお客様にとって親切ですねw

 

返金処理は簡単です、コンテンツ運営をされている方や
ネットショップ運営者にとっては大変ありがたいですよね(^^

 

こういった返金処理方法を知らない方はおそらく個別でお客様の銀行口座へ お振込みされていると思いますが、この方法をお使いされることをおすすめします。

 

購入代金の返金の注意点

ちなみに購入代金の返金について下記のように定められています。

支払いの受領から60日以内であれば、返金が可能です。返金は、商品またはサービスの購入に関する取引の場合のみ可能です。 引用元:paypal.com

 

つまり、お客様から代金を受け取ってから60日以内であれば、返金できますよってことです。
一点注意事項があります、返金する際に実は手数料が差し引かれています。 

私自身もそれに気づかず長いこと運営していました(^^;

 

◉全額返金の場合の手数料はいくらか?

一回の返金処理にかかる手数料は40円となります

 

◉一部返金の場合の手数料はいくらか?

例をあげて見ていきましょう。

お客様から10000円の支払いがあり、半額の5000円を返金する場合
まず売り手である販売者には下記の決済手数料を取られます。

 

決済手数料の式:(販売価格×3.6%)+40円 (10000×3.6%)+40円=400円
※ここでは変動手数料を3.6%としています。

つまり、決済手数料は400円となります。

 

販売価格-決済手数料=販売者に入金される金額

販売者に入金される金額:10000ー400=9600円
9600円が販売者に入金されます。

 

そこから半額の5000円を返金すると、決済手数料は残りの5000円にかかってくるので
決済手数料の式:(販売価格×3.6%)+40円 (5000×3.6%)+40円=220円

※ここでは変動手数料を3.6%としています。

 

販売価格ー(買い手への返金金額)ー決済手数料=販売者に入金される金額

販売者に入金される金額:10000円ー5000円ー220円=4780円
決済手数料が差し引かれた金額(4780円)が販売者に入金されます。

 

つまり、
全額返金でも一部返金でも最低でも「40円」は手数料としてとられていますよってことです。
微々たる金額ではありますが、この部分を知識として知っておきましょう。

おすすめの記事