PayPal(ペイパル)の受取手数料を下げる一つの方法♪

こんにちは

PayPal決済をネットショップやコンテンツ販売で導入している場合、
なるべく経費はおさえたいものですよね。

PayPal(ペイパル)の受取手数料も下げれるなら下げたいですよね!?

 

本日は、簡単にPayPal(ペイパル)の受取手数料を下げる方法をお伝えしたいと思います。
(ある条件が必要です)
※PayPal(ペイパル)とは、クレジットカード決済代行会社です。

 

PayPal(ペイパル)の受取手数料

さて、PayPal(ペイパル)の通常の受取手数料はいくらでしょうか!?

1件の売上あたり、3.6%+40円
※国内での受取の場合となります。

 

10000円の売上があった場合、受取手数料はいくらかといいますと・・・
(10000円×3.6%)+40円=400円
結構額が大きいですね(^^;

 

それでは本題に入っていきます。
まずPayPal(ペイパル)の受取手数料を下げるには条件が必要と述べました。

 

PayPal(ペイパル)の受取手数料を下げる条件とは

 

・先月受け取ったPayPal支払い額が¥300,000 JPY以上

・PayPalアカウントを良好な状態に保ってください。先月の支払い額が¥300,000 JPYに達しない場合や、未解決のチャージバックがある場合は、標準レートにダウングレードされます。

引用元:paypal.com

 

どういうことかと言いますと、

先月までの受取金額が30万円以上必要ということと、
受取金額が30万円を維持できない場合は、元のレート(3.6%+40円)に
戻ってしまいますよってことです。

 

実際どのくら受取手数料を下げられるのか!?
下記が受取総額に対する、受取手数料の一覧になります。

月間販売の受取り総額                      取引あたりの手数料

¥0 JPY - ¥300,000 JPY          3.6% + ¥40 JPY
¥300,001 JPY - ¥1,000,000 JPY     3.4% + ¥40 JPY
¥1,000,001 JPY - ¥10,000,000 JPY    3.2% + ¥40 JPY
¥10,000,000 JPY             2.9% + ¥40 JPY

引用元:paypal.com

 

 

0.2%ずつ下げられるってことですね(^^
月間販売の受取り総額が100万円を超えるとさらに0.2%下げることも可能です。
微々たるものですが、年間通して考えた場合は大きいですねw

 

どのように受取手数料を下げる申請をするのか!?

1.「決済サービス」をクリックします。

 

paypalマーチャントレート申請1

 

 

2.つぎに「取引手数料」をクリックします。

 

paypalマーチャントレート申請2

 

3.下記の「PayPalマーチャントレート」をクリックします。

 

paypalマーチャントレート申請3

 

 

4.下記の画面になりましたら、下部の「今すぐ申請してください」をクリックします。

 

paypalマーチャントレート申請4

 

 

5.最後に該当の箇所にそれぞれチェックをいれて、「送信」をクリックし完了となります。

 

paypalマーチャントレート申請5

 

 

これで受取手数料を下げることが可能です。

たった数パーセント、されど数パーセントですよw
申請も非常に簡単なので、やっておくことをおすすめします。

おすすめの記事