目標

こんにちは、たくとすです。

毎年、目標を立てていますか?
目標を立てて、それに満足してしまい、気づいたら忘れてしまっていることってありませんか?

 

実は、それは以前の僕でした。
年始に目標を気合入れて立てるんだけど、いつの間にか目標とは違う行動をしてしまっていて、
気づいた頃には、あっという間に1年が立っていたり、、これマジでやばいな!と。

 

昔の僕に向けて、一つ教訓をと思い、
今日は、目標についての話です。

 

目標は紙に書いただけで終わりになっていませんか?

去年の年末年始を思い出して下さい。
その時期になると、昨年を振り返りながら目標を書く人が増えると思います。

そのとき書いた目標って見直したりしていますか?
あまりしないですよね・・・

 

気づいたら、あれ!?

あんなこと書いてたとか・・・
こんなこと書いてたとか・・・

 

そう!人間忘れちゃうんです。
せっかく立てた目標は、つねに見えるところにおといいですよ。

 

人間の忘却曲線ってご存知ですか?

 

 

 

 

出典 www.nextglobaljungle.com 心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれた、人間の脳の「忘れるしくみ」を曲線で表したもの。

 

20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。 1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。 1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。 1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。 1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

引用 [エビングハウスの忘却曲線:人間の記憶機能と復習の有効性]

 

たとえば、
勉強やセミナーでせっかく時間をかけてインプットした情報は、
時間が経過すればするほど、忘れてしまうということです。

ということはですよ。

 

色々と時間も使った上、いろんな「思い」をもって書いた目標も忘れてしまうとも言えるでしょう。
そういったことは潜在意識レベルまで、脳に刷り込むのがベストです!

一度少しでも時間をかけたものこそ、忘れないようにしたほうがいいです。

 

では、どうすればいいか?

1. 紙に書いて見えるところに貼る

よく言われているおすすめな方法ですね。

 

2. パソコンやスマホ画面の背景(壁紙)にする

パソコンだと、必ず目にする場所がデスクトップですよね。
スマホも一緒です。

 

こうすることで徹底して視覚から、脳に刷り込みが可能なのです。
2の壁紙にする方法は、文章を書いて、それを画像に変換すればいいのですが、
パソコンをあまりさわったことのない人にはこれが面倒!

 

そこでこんなツールがあります。
登録もカンタンです。



 

作成方法はというと、

「デザインを作成」をクリックして、
「壁紙(デスクトップ)」を選択するだけで、簡単に作成できちゃいます。
※canvaのiphone版、ipad版もあるから、スマホ等で作成したい方は利用できます。

 

canvaでは
下記のような背景画像の作成もできちゃいます!

 

iphoneのように直感的な操作性なので、すばらしい!

たとえば、
・自分のめざしたいイメージ
・住みたい場所
・所有したいものなどがあるのであれば

 

その画像を散りばめてみるとか・・・
アイデア次第でいろんな使い方ができると思います。

 

まとめ

目標設定をしたら、どんな形でもいいので、つねに目に触れる場所に置くこと。

・紙
・パソコンの画面の背景(壁紙)
・スマホの画面の背景(壁紙)
など

 

これをするかしないかの差は大きいです。
あなたの潜在意識に目標を刷り込んでいきましょう♪

おすすめの記事