シャンプー方法

こんにちは、たくとすです。

頭皮マッサージ、この言葉を聞いて何を思い浮かべますか?
ハゲ予防だと思われるかもしれませんね。
それも一理あり。

 

ただそれだけじゃないんです。
実体験でそれを感じたので今回記事にしました。

 

シャンプーをするとき、指先でゴシゴシしてませんか?

これ、少々危険みたいです。
実は、将来生えてくる毛に関係してくるんです。

 

美容室での洗い方だったり、一般的に言われている頭の洗い方は、
指の腹を使って、毛穴の汚れをかき出すように洗う。
とこんな感じですよね。

 

雑誌でシャンプー特集とかよくありますが、
基本的に、シャンプー方法の内容は上記と同じこと多いです。

 

新しいシャンプー方法は強烈だった

僕自身、若いとき、特に髪に対して乱暴な扱いをしていても、
そこまで痛んだり、抜け落ちたりすることはなかったんです。

 

でもですね。あるとき、同じシャンプーやコンディショナーを使っているのに
髪が急に痛みだしたんです。しかも、抜け毛も多くなったと。。
これはマジで心配になりました。

 

ハゲるんじゃないか!?
いや、ハゲはじめているんでは!?

 

そのとき、たまたま見たテレビ番組での内容が強烈だった。

その名も髪様シャンプーというものだったんですよ。
印象に残る名前。。

 

そのシャンプー方法を提唱している板羽忠徳氏の頭皮がやばかった。
当時たしか年齢68歳なのに、かなり綺麗な青白い頭皮だったんです。
しかもかなり、フッサフサ!

 

概念をくつがえしたシャンプー方法

では、どういうシャンプー方法なのか?

・一切ゴシゴシしない
これにつきます。
指先でゴシゴシしてはいけない理由として、新しく生えかけている新生毛が抜けてしまうということ。

 

頭皮をしっかりと指の腹でホールドして、
髪の毛を洗うのではなく、頭皮を動かしてシャンプーしながら、頭皮マッサージをするだけ。
基本的には二度洗いです。

 

シャンプー方法
1.お湯で頭部をすすぐ

2.
<1度目のシャンプー>
シャンプーを500円玉ほどの大きさ量を手にとり泡立てる

3.髪の毛全体になじませて、髪の毛を軽く洗う(髪を軽く揉み込む感じ)

4.
<2度目のシャンプー>
シャンプーをさきほどの半分ほど手に取り、泡立てる

5.頭皮に指の腹を密着させながら、全体的にマッサージをする

6.しっかりとすすぐ

 

正直、テレビで過剰に盛ってるだけでしょ!と思っていたんですが、
疑いつつ、とりあえず1ヶ月試してみようか、という気持ちになり、
それがもう3年以上も続いています。

 

結果的に抜け毛が減った

結果的に、僕の場合抜け毛がかなり減りましたね。
毛の痛み具合も回復しましたし。
自分には合っていたシャンプー方法でした。

 

試したばかりの頃は、洗えていないんじゃないか?と思って
慣れるまでは時間がかかりましたが、

そりゃそうです。だっていままで何十年もの間、指の腹でゴシゴシしていたんですから、
これに慣れるのは、本当に大変なことです。

 

自分の中で、1ヶ月だけ試すという決意が強かったので、
葛藤しながらも、習慣化には成功し、なんとか新しいシャンプー法を定着することもできました。
いまでは、昔のシャンプー方法には戻れない状態ですw

 

頭皮マッサージによるストレス解消効果

今回、このシャンプー方法を始めてから、あることに気づいたんです。

 

毎日シャンプーするじゃないですか?
すると、あれ?今日の俺の頭皮硬くないか!?
という日もあれば、やわらかめの日もあると・・・

 

で、硬めの頭皮のときって、
ものすごく普段以上に思考していたんですよね。

肩コリってあるじゃないですか?
たぶん頭も同じくらいコったりしてると思うんですよ。

 

その証拠に、かなり頭を使った日の頭皮が硬いという事実が物語っています。
人間、無意識のうちにもさまざまな決定を脳内でしているので、なおさらです。

 

硬いからこそ、シャンプー時にマッサージをすることで、
風呂上がりには、かなり頭がスッキリするんです。
洗ったからスッキリするのではなく、脳自体がリフレッシュするイメージです。

 

これって、ストレス解消にも絶対いいと思うんですよね。
実際、日々頭を使っているわけで
脳もそれなりに負荷かかってると思うんです。

 

ある意味頭皮のマッサージって、
リカバリー機能みたいなもんじゃないかと思うんです。
脳がパッと復活しますからね。

おすすめの記事