ネットショップの商材選びでやってはいけないこと

こんにちは

記事のタイトルどおり
今日は、ネットショップの商材選びでやってはいけないことを
ポイントだてて伝えていこうと思います。

需要がないものを選んではいけない

ネットショップの商材選びってかなり重要です。
物販ってサービスを売っているのではなく、商品自体を売っているのですから、
その商品自体に需要がなければ・・・意味がありません。

 

極端に言うと「1円」も生み出さない可能性もあるのです!

つまり、価値としてはゼロってこと。
この部分のマインドはかなり重要です。

 

たとえば、砂漠のど真ん中で化石を売るとか、極端すぎますが(笑)
砂漠で一番人が必要としているものって、おそらく「水」だと思うんですよ。
誰も欲していないものを、欲していない場所で販売してもお金にはなりづらいってことです。

これは物販だけに言えることではなく、ビジネス全般に言えることです。

自分の好みで選んではいけない

次にさきほどの話に近いですが、
自分がこの商品やそのブランドが好きだからという理由で
商材を決めてしまう人がいます。

 

でも、それってどうなんでしょう?

ショップづくりをする上では、おそらく楽しいでしょう。
なぜなら、自分の好きなものを取り扱っているのですから。

 

たまたま、需要があればいいですが、
なかったときはさきほどと一緒で利益に結びつきづらいです。
きちんとその商品を選ぶ根拠を見つけましょう。

供給があふれている商材を選んではいけない

ビジネスにおいて、
需要と供給の話も重要です。

 

需要>供給 の市場だと欲しい人のほうが、販売している人より数が多いので、
つまり、ライバルが少ないので 参入しても儲かるという公式です。

 

需要<供給 の市場は欲しい人より、販売している人の数が多いので
そこに参入しても、苦しいだけで 大きな売上にはなりにくいと判断します。

仕入が困難な商材を選んではいけない

いくら需要がある商品だからって
仕入ができなければ商売になりません。

 

たとえばの話ですが、まぼろしの○○という秘境にしかない商品を扱っても、基本的には販売できません。
無在庫で販売したとしても、仕入ができないので結局は、クレームになってしまいます。

 

当たり前のことですが、仕入れることが可能な商品を扱いましょう。

おすすめの記事