contact form 7の設定方法

サイト上に問い合わせフォームを作る方法をお伝えしていきます。
いくらいい情報をのせているサイトがあっても、問い合わせ先がないと元も子もありません。

今回は、その問い合わせ窓口となるものを設定・設置についてです。

 

Contact Form 7のインストール方法

ワードプレス管理画面のメニューより

 

「プラグイン」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

プラグインの新規追加

 

 

 

「プラグインの検索」に「Contact Form 7」と入力していきましょう。

プラグインの検索

 

 

 

「今すぐインストール」をクリック

Contact Form 7

 

 

 

「有効化」をクリック

Contact Form 7

ここまでが、Contact Form 7のインストール方法と有効化についてです。
つぎに、実際に問い合わせフォーム(コンタクトフォーム)の設置をしていきましょう。

 

Contact Form 7の設定をしていきましょう

ワードプレス管理画面の左メニューより

「お問い合わせ」にカーソルを合わせる
「新規追加」をクリック

Contact Form 7

 

 

 

下記画面が表示されます。
基本的に「フォーム」部分はそのままでかまいません。

Contact Form 7

「メール」タブをクリック
お問い合わせフォームのタイトルを入れていきます。
タイトル文字は任意です。ここでは「お問い合わせ」と入力しました。
「送信先」部分には、ワードプレスを利用するメールアドレスが設定されていますが、
問い合わせ内容を他のメールアドレスで受取りたい場合、ご変更してください。
このままで問題なければ、ここはこのままで大丈夫です。

 

 

 

入力後、下記へスクロールし「保存」をクリック
ここで、設定が完了です。

Contact Form 7

 

コンタクトフォームを設置していきましょう

つぎに、実際の固定ページにコンタクトフォームを設置していく作業です。
下記部分の「ショートコード」をコピーして、固定ページなどに入れるだけで簡単に設置できます。

 

基本的に、コンタクトフォームは固定ページに設置することが多いです。

Contact Form 7

 

 

 

まずは、メモ帳などに「ショートコード」をコピーしておきましょう。

Contact Form 7

 

固定ページにコンタクトフォームを設置

「ショートコード」をメモ帳にコピーしたら、
固定ページに設置していきましょう。

 

「固定ページ」にカーソルを合わせ
「新規追加」をクリック

Contact Form 7

 

 

 

つぎに、下記画面が表示されます。
「ビジュアル」モードであることを確認し、
「ショートコード」を貼り付けていきます。
「任意のタイトル」をつけましょう

Contact Form 7

 

 

 

つぎに復習もかねて
「パーマリンク」を英語に変更していきましょう。

 

「編集」をクリック

Contact Form 7

 

 

 

編集をクリックすると、下記枠部分を変更できます。

Contact Form 7

 

 

 

シンプルな英語を入力し、
ここではcontact といれて、「OK」を押してみました。

すると、https:●●●●●/contact/ と変わります。

Contact Form 7

 

 

 

確認後、右側の「公開」をクリックして完成です。

Contact Form 7

 

 

 

下記のようなお問い合わせフォームを作ることができました。
(お使いのテーマやバージョンにより表示は異なります)

Contact Form 7

 

これで、コンタクトフォームの設定と設置は完了となります。
サイト上には、お問い合わせは必要不可欠なものですので、設置しておきましょう。

以上となります。

 

おすすめの記事