夢と時間

僕はプロフィールでも書いたように、昔バンドをしていました。
恥ずかしいですが、音楽で飯を食っていく!って思ってたし達成できると勘違いしていました。

 

まあ、おわかりのようにその夢は達成できず夢のまま幕を閉じました。
別で話すけど、あの考え方じゃ失敗は当然だったよな・・と思うことはあります。

 

一般的に音楽をやっている人って、だいたい20代中頃まで活動をしていて、「なんかそろそろやばくないか?」「このままでいいのか?」って思ってフェードアウトしてやめていくパターンが多いです。何人もの人がやめていき、会社員になっていくのを見てきました。

 

でも僕は、20代中頃なんか飛びこえて、30歳近くまでバンド活動していたんです。
売れていたら、自信を前面にだして堂々とできるんですが、まったく売れずいつもお金がなく、金欠金欠金欠・・・の連続でした。(笑)

 

当時、僕はかなりアホだったと思うんだけど、底知れぬ自信だけはあったんです。
もう一度いいます底知れぬ自信です。これ一番ヤバイですからね、根拠のない自信ほどやばいものはない。まあ、なんとかなるっしょとばかり思っていて、日々過ごしていました。

夢を持つことは素晴らしいこと

夢を持つことは素晴らしいことだと思う。

 

音楽でご飯を食べていきたい人、役者としてご飯を食べていきたい人、モデルとして一世風靡したい人、僕はさまざまな人を見てきました。

 

会って話したりした人で飛び抜けて売れている人はいなく、その後めちゃめちゃ売れたって人もいなかった。●●のドラマにでた人とか、●●雑誌にでた人はいて、よく遊んだりしていた。でも単発の仕事の連続で継続して仕事をもらっている人はいなかった。だから、生活のするために朝から働いていた。

 

それは夢に向けた行動ではない

僕も彼ら彼女らも含め、ほとんどの人がその日の生活のために明け暮れていた。
家賃払わないといけない、光熱費も、携帯代も払わないと、、など

 

そのためにバイト三昧の毎日を過ごす。
まだ生活のためのバイトだけならいいけど、よく飲みにいったりと遊びにもかなり時間をつかってしまっていた。

 

悪いことでなないが、それって自分の行きたい場所に近づいているかって言うとそうでもない場合が多い。

 

時間は無限ではないことに早めに気づくべき

たいてい若い頃って色んな楽しいことが多いし、時間が無限にあるように感じることがある。

僕もそう感じていた、時間はいくらでもあると心のどこかで思っていたんだよね。年を重ね、いざ時間がもっと欲しいと思っても過ぎ去った時間を取り戻すことなどできやしない。失った代償は大きい、そういうことだ。

 

僕は大学を卒業して、一度も就職せずにずっとバンド活動ばかりしていた。しかも30歳近くまで。。だからかなりの社会不適合者だと自負しています。自信をもっていうことではないけど(笑)

 

僕がバンド活動時代に色んな人に出会ったり、その人たちの人生に触れたり、騙されたりなど、して見てきた景色は僕にしか語れないと思う。

 

目標に向けて1歩ずつ進んではいない現実

で、話を戻すと。当時を振り返ると自分のやりたいことが明確にあるのに、そこに近づいている活動や作業をしている人がほとんどいなかったことだ。それは自信をもって断言できる。

もちろん、中には日々目標に向けて一歩ずつ活動している人もいたかもしれないけど、そういう人はすでに売れている人だろうと思う。

 

さきほども言ったけど、夢を持つことは素晴らしいことだ。

やりたいこと(目標)があるのに、誘惑に負けてしまい、、それ以外のことに時間を費やしてしまう。例えば、飲みや遊びに行くとかだ。別に悪いことではないけど。

でもね!自分のいまの生活を見つめてほしい。

 

自分が遊んでいる時に努力している人には勝てない

まず生活のためにバイトをしている。その時点であなたには時間がないことは確か。

てことはバイトが終わった後で、遊びに行ってしまったら、目標に向けての活動や作業に当てる時間がなくなる。そんな毎日を過ごしていいのかって話。

目標に向けて1日1日前進している人と比べたら、絶対に追いつけないし、勝てることもない。

 

僕がそうだったから、過去の僕がそんな日々を過ごしていたから、自信をもって言えます。

 

時間は自分が思っているよりも、そんなにないよ!ということ。

僕は過去に無駄な時間をつかってきたからこそ、時間の大事さを身にしみて感じている。

 

今日の話は、音楽で食べていきたい人とか役者を目指している人だけでなく、現在サラリーマンをしている人にも言える話だと思う。

 

現状を脱出するために自分で稼ぐ経験を積む

夢や目標のために活動する時間を多く確保するために自分で稼げるようになると、より時間が作れるから好循環が生まれる。

 

ビジネス的な視点から、例えばライブや劇場でどうやって人を集めたらいいかとか、仕事のプレゼンでどうやったら上司の心を動かせるかなども応用できるようになってくる。だから、僕はまずは1円でもいいから自分でお金を作れる体験を積むことをおすすめしています。

 

厳しい現実に目を向けて、そこに立ち向かってほしいし、時間を大事にしてほしい。

少しでも僕のメッセージから伝わるものがあれば、嬉しいです。

 

おすすめの記事