僕は副業時代から現在も、外注さんにさまざななお仕事の依頼をしてきて、いまでも長くつながっている人もいます。今回は、そんな中突如、僕の募集にあらわれた71歳おじいちゃんの話です。(^^♪

 

ある業務でクラウドワークスで募集をかけてみた

当時、ランサーズや@SOHOが主流だったんだけど、新しいサービスとか知るとついつい使いたくなってしまうので、まだ無名だったクラウドワークスというサービスに登録して使い始めてました。すでにランサーズや@SOHOは使っていたけど、直感的な使いやすさとデザインが気に入ってクラウドワークスは僕のツールの1つとなっていきました。

 

さっき、ちらっと僕のクラウドワークスのアカウントを確認してみたら、評価が400件近くになっていたんだよね(笑)依頼する側だったから、気にしてなかったけどかなり依頼してたんだなと思います。クラウドワークスさんにもいっぱいお金を落としたんじゃないかな(^^♪

 

で、ですよ!今回別の業務で外注さんが必要になったので、新しく募集をかけたんです。

 

募集されたことがある方にとっては、募集することは簡単だと思いますが、

まだの方は、「外注!?」「なにそれ!?」と思ったと思います。
ピンとこないかもしれませんが、人にお金を払って仕事をやってもらうことだと思っておいてください。外注関係は、何かの機会にお話しようと思っています。

 

応募してきたのはなんと71歳のおじいちゃんだった!

そうなんです!!
なんと!!今回応募してきた方は、71歳のおじいちゃんだったんです。

 

71歳!!?????
んんっ??
自分の目がおかしくなったのか!???

 

見間違いかと思って、パソコンのモニター二度見しましたからね(笑)
何度見ても71歳でした(笑)

 

71歳って聞いてどんなイメージもたれますか?
自分のおじいちゃん、おばあちゃんを思い浮かべるとわかりやすいですよね(^^

 

基本的に

・スマホ使えない
・パソコン使えない
・インターネットをあまりやった経験がない

 

こんな方が多いんじゃないかと思うんですよ!
実際、僕のおばあちゃんは、ネットしたことない、スマホももっていない、ガラケーだけどメールが打てない。。そんな状態です。世の中この世代の方々は、そういう方が多いんだと思うんです。昔からの習慣をなるべく変えず、新しいことには触れないで生活をしているというイメージです。

 

71歳の文章の中身はめちゃくちゃしっかりしている

さて、その71歳のおじいちゃんですが、
めちゃくちゃ文章がしっかりしていたんです。

 

僕の経験上、募集をかけて、応募してくる方の何割かいるんですけど、応募時の文章がマジで雑な人が多いということ。

 

自己紹介も一切なく、

「お願いします」という一言だけとか
「興味もったから」という一言だけとか
敬語の使用率ゼロという文章とか

ここには書きませんが、中にははナメているでしょっていう文章もありました(^^♪

(僕の募集文章では、基本的に応募時●●について記載の上、ご応募して下さいとしていることが多いです)

 

その点、71歳のおじいちゃんは自己紹介もわかりやすく書いているし、さらに自分の強みなどについても言及していて、

 

「僕はこんな人間です!」というのがわかるような文章になっていました。

採用する側からすれば、明確でわかりやすい文章って見やすく好印象なんです。(^^♪

 

実際に面談でスカイプでお話してみました

さて、71歳のおじいちゃん、応募時の文章が非常に良かったので。
数メッセージのやり取り後、一度スカイプでお話しませんかと、スカイプ面談をさせていただきました。

 

今回は音声面談だけだったのですが、

 

しっかりしている!!
という印象が強かったです。

 

声質はそれなりにおじいちゃんの声だったのですが、

自分の考えや、やりたいことまでしっかりと話す方で、驚きました。
脳が若いのかな?この方はと・・そう感じましたね。

僕の質問に対しても、間がほとんど空くことなく返ってきました。

 

こんな受け答えのしっかりしているおじいちゃんは僕は見たことがないです。

 

常日頃から好奇心旺盛で新しいことに挑戦しちゃうタイプの方なのかもしれません。実際、IT関連に関しては一通り把握していて、パソコンも含めツールなども使いこなせるとのことでした。だって、スカイプもできたんですからね。

まじでびっくりでした。

 

僕らがおじいちゃん、おばあちゃんになったら!?

僕らがおじいちゃんそして、おばあちゃんになった頃はどうなっているだろう!?と71歳のおじいちゃんと話をしていて、ふとそんなことを思い浮かべました。想像するだけで楽しい気がしますね(^^♪

 

だって、スマホが当たり前で使いこなせている人がそのまま歳をとっておじいちゃん、おばあちゃんになるんです。

将来、おじいちゃん、おばあちゃんがスマホをつかいこなし、スマホで銀行振込をしたりしている、そんな当たり前の未来なっているんでしょうかね(^^♪

 

時代の変化に常に耳を傾けておく

未来のことは正直わかりません。5年先の未来もどうなっているかわからない時代ですからね。でも、楽しい未来がくることを想像しながら、自分をアップデートしていきましょう。

 

時代の変化に耳を常に傾けておく。
新しいものやサービスにも触れておく。
使いこなすレベルにしておく。

 

技術を使える人の中で、技術を使えない人をターゲットにする商売だって出てくるでしょうし、現在もそのようなものはいくらでもあります。だから、僕らはしっかりと自分の進むべき道に一歩ずつ進んでいき、時代の変化も逃さないようにしていきましょう。

 

PS:
ちなみに71歳のおじいちゃんは採用させていただき、現在もお仕事をお願いしています。
僕にはもっていない視点もあるので、僕自身も仕事をお願いしながら学ばせてもらっています。

 

おすすめの記事